Paradox#

思考ノートの切れ端⸜( •ω• )⸝ その時の心境や状況によって様々な角度で切り込んでいることがしばしば。

らカ界セル或Noスるヰウ

お気に入りだったリップが切れてしまった。 買いに行かなくちゃ。 あんな事があったのに、冷静にも正常に回る思考回路。 今日もあたしは息(生き)てる。 その事実だけが、今は無機質にあたしの身体を動かす。 お父さん、お母さん。 置いて行かないで。 もっ…

初心の気持ち【※何年ケ後の私へ、読み返す日記】

仕事が出来る様になりたい。 また、そう思うのは、やっぱり出来なくて悔しいって思うのは、それなりに自分の中で仕事としての認識があるからで・・・ プライドなんかいらないのに、ほらまた・・・必要以上に自分で自分自身を責めて追い込もうとして虐めよう…

ターニングポイント

人生とは、終わりのない旅路のようだ。 選択の度にグラつく。優柔不断な"わたし"が顔を出す。 今、進もうとしている道が正解か不正解かも、分からない。 断言しよう。 それでも、この道に進まなかったら"あなた"に出会えなかっただろうし、今の"わたし"は居…

続く物語

空を見ると、今日は快晴でなんてことのない、変哲な日だなと思うけれど。 今日も何人も死んでいて、新型コロナウイルス騒動は絶えなくて落ち着かない現実と隣り合わせで。 そんな現実を思わせない空模様は皮肉めいたモノがあって。 私は何とも言えない気持ち…

『頑張る』が口癖のあなたへ

頑張らなくていい。頑張らないでいい。 だってもう十二分、貴方は頑張ってる。 充分すぎるくらいに。 これ以上、自分自身を必要以上に追い詰めて責めなくていい。 キャパオーバーなら、辛いって泣いてもいい。 人に頼ってもいい。 そう思うだけで・・・そう…

伝言ゲーム

これは伝言ゲームみたいなものだと囁く小さくも黒い影は言った。 当事者様たちでさえ、食い違いがあるのに正確性が不安定のまま流されては意味はもう無いのだと。 拡がる話は、本人たちの知らぬところで予期せぬ方角へと膨らんでしまう。 話の独り歩き。正確…

3月14日、卒業式

先週のお題『卒業』 【さようならの準備をしよう 君が一人 見知らぬ土地で泣かないように 魔法を掛けよう 新しくまた一から創れる築けると 色んな感情が溢れ出る 今だけは抑えなくていい 噛み締め 前を向くよ】 今日、私は卒業します―――― 悪態をついた時もあ…

“ごめんね”、ありがとう。

転んで 膝小僧から血がじわっと 滲みながらも 『大丈夫だよ、全然痛くないよ』 へらっと笑ってる 小さな君を優しく包み込む様に 抱き締めた。 『ごめんね』今は一方通行だとしても。『ありがとう』どうか、この子を。 弱くなってごめんね。 自分の中にある強…

人は祷って止まない

もう全てに泣きそうだ 大丈夫って思っていないと大丈夫じゃなくなってしまいそうで ―――2020.02.26. 先生たちの神妙な面持ち。急遽、発表場所に集められた私たち。 それだけで何となく察したのだろう。これから何を告げられるのか…ザワザワとざわつく私たち。…

指切りげんまん

誰かのお話。

コトバツカイ

言葉ってやつは時に、美しくも綺麗であり。 どうにも残酷だから、本心でない言葉もぽんと口にしてしまうんだ。 心の中のモヤモヤを吐き出すように、言葉を扱う僕は、未だに言葉を上手く扱えてる気がしない。 上手く扱える気がしない。何年経っても。 自分の…

愛された記憶【※随時更新予定】

愛された記憶。 これは、他ならない……私のために綴ること。 愛されていないことに目を向けようと思えば、愛されていない材料が「ほらほら」って目に付きやすくなる。 10代……今まで、沢山の苦しさを見つめて来たから。 思い切って、愛されてる(愛されたと思…

価値観の相違

コミュニケーション上においては、相手にどう伝わったのか?が重要だ。 詩やポエム、その他の書物では、受け手側の解釈に委ねることが出来るが、コミュニケーションにおいてはそうはいかない。 “自分の捉え方や解釈が相手においてそうでない”。 “相手は自分…

『2020年の抱負』

今週のお題「2020年の抱負」 (もう先々週のお題になっちゃった( ´ ▽ ` )) ……らしいので。 たまには、ブログらしいことを書いていこうかな(*´﹃`*)♡ いつもはブログじゃなかったのかって? ブログの特色っていうのかな? いつも投稿しようかなーって考えて…

書かないと決めたこと。

基本、書き留めると綴っている私が、書かないと決めたこと。

リフレインと闘う

「今日は朝早く起きたから、少し遠出をしよう」と、私たちは外へ出た。 よくある街並み。見慣れた毎日のように見る景色。 「わーっ、見て! 雪結晶出来てるー!」 なんて。子どものようにはしゃいで、その場所へ駆ける。彼は、そんな私に微笑みながら近くへ…

幸せの大きさ

1, 小さな幸せで事足りていたはずなのにいつからか、小さな幸せだけでは満たされなくなってしまったのは他人に言われたから 他人と較べてしまったから 大きな幸せを願っていたはずなのに苦しくて苦しくて堪らないのは求め、集め 集めても物足りなくなってし…

伝えよう

その方の言葉、伝わる生き様が心が揺さぶられたからこそ、伝えるんだ。 伝えたいんだ、感想を。感謝の気持ちを。 読んでる人に少しでも・・・ 為になるような、考えさせることが出来るような、そんな文章が書けているだろうか。 時間を掛けて読んで頂いてる…

何度目の“はじまり”

幸せになってやるって決めたから、自分を愛せるようになれたし、 辛いことが起こっても、その感情を否定せず、受け入れているから、なんで苦しかったのか?と冷静に分析して、次に繋げることが出来る。 そうなれた時に、私は気づいたんだ。 今まで私はずっと…

不変なもの

本当に良い曲は言葉の壁を越えてしまうくらい本能に染み渡るように、衝動が駆け巡るそれが当たり前かのように 自然に湧き上がる何言ってるんだろ、でもそれくらい夢中なんだ 言葉の選び方 senseねえ、どうしてそんな素敵な歌が描けるのいつまでも、時代が移…

世の中の一片

道端で溢れるザラつく耳障りな声を 砂嵐のような雑音と形容して なんてことのない表情をして通り過ぎて 遠ざけて自分を守っておりました。 耳が痛くなるようなそんな有り難いお言葉。 『ありがたや、ありがたや・・・』 『信じる者は救われる』『信じる者は…

国語を愛するひと

どうしたらいいのか?なんて分からないよ どうしたら正解だったのかどれが正解だったのか未だに考えてるくらいだから これが正解だよと提示されたところで 自問自答を繰り返すくらいなら 正解を他人に求めるよりも自分で探し出す方が性に合ってる気がしたん…

『怒り』という感情【捉え方ならぬ対処法】

感情を抱くことは悪いことじゃない。 大事なのは、その感情を認知した時、自分がどうするか? その気持ちと対峙した時、どう対処するか?だ。 怒りを例に挙げよう。 確かに、怒りを周りにぶちまけてしまうことは、後に罪悪感に呑まれたり、やり過ぎたなって…

自己否定を止められない貴方へ

人間は不完全。なら、不完全であることが当たり前だとも繋がる。自分を責める時間が勿体無くない? この理論で言えば、不完全であることが当たり前なのに。 自分を責めてるということは、自分の不完全の部分を駄目だって攻撃してるってこと。 不完全であるこ…

もう知らない、どうでもいい、めんどくさい。どうして?

もう知らない どうでもいい めんどくさい どうしてその言葉が出てくるの 本当は『もう知らない』って言って そのことを諦めたくないんでしょ 『もう知らない』状態なら、 『もう知らない』って言葉は出てこないんだよ 『どうでもいい』、振り払うような言葉 …

単純な言葉。

ありきたりな台詞に、ありきたりな謳い文句並べて。少しひねって、変えてみても、個性ということにはならない。じゃあ、何をしたら個性になる?何をしたら、自分となる?そう思っていた頃もあったと思い返してみたりもするが。なぜ、世界には、同じような言…

人を変える、ということ

9月3日の記録。 変えたい人がいる?人を変えようとしては自分が疲れてしまうだけまず、人を変えようなんて操作しようなんて思ってはいけないわその人はその人なのだからあなたの操り人形でもないのよもし、そんな生き方をしてるならあなたに友だちや親友っ…